国土交通省の飛行許可など、ドローンの飛行には様々な許可や確認が必要です。

このサービスでは、専門家があなたの飛行の可否をアドバイスいたします。

ドローン飛行可否判断サービスの概要

あなたの持つドローン機体のモデルや国土交通省の飛行許可内容から、飛行予定の場所や時間(フライトプラン)が適切かどうか、飛行ができるかどうかの判断を専門家(行政書士)がアドバイスを行うサービスです

こんな方にオススメ

「国土交通省の飛行許可はあるけど、この場所でドローンを飛ばせるのか心配」、「この場所では特別な許可が必要なのかな?」など、あなたがドローンを飛ばす時には様々な手続きが必要となるケースがあります。

そのような複雑な許可条件を、ドローンを飛ばすその前に確認することで、安全にかつ安心してドローン飛行を楽しめるようになります。

Please reload

ご利用の流れ

1.フォーム入力

あなたのフライトプランを入力してください。飛行予定の場所、日時、ドローン機体などの条件と、あなた自身の飛行許可の有無などをご入力いただくことで、そのプランが適切かどうかを専門家が判断しアドバイスいたします。

2. お申込とお支払い

飛行可否判断アドバイスを受けるには、本サービス上でお申込みと料金のお支払いをお願いいたします。

回答を得る方法や回答時間によって利用料金が異なります。

1営業日でのメール回答:5,000円

電話による回答:            10,000円

なお、飛行判断は、1回の問い合わせにつき1つのフライトプランごとにご提供します。

3.飛行可否判断の結果受信

あなたがフォームに入力した内容に基づき、専門家が飛行可否判断を行います。結果は、ご登録のメールアドレスに直接送信いたします。フライトプランに必要な許可申請などがある場合には、どのような手続きが必要かをご案内しております。

お急ぎの方は、電話によるご回答も承っております。

なお、必要な許可申請をあなたに変わって専門家が行う申請代行サービスもご案内しております。

(申請代行サービスのご利用には、別途費用発生の場合がありますので、予めご了承下さい)

回答の目安

・メール回答(1回5,000円) 平日17:00までのお問い合わせに対して、翌営業日にご連絡差し上げます。お問い合わせの内容によっては1週間程度お時間を頂く場合がございます。スケジュールに余裕を持ってお問い合わせください。

・電話回答(1回10,000円) 平日17:00までのお問い合わせに対して、翌営業日に電話にてご連絡差しあげまして、詳しいご要望をお聞きいたします。

Please reload

佐々木慎太郎

行政書士

仙台出身。現在も拠点を仙台に置き活動中。

行政書士として、建設業や運送業などの日本の根幹産業と関わる中で、2015 年にドローンと出会う。その可能性を追いつつ、雇用創出と 21 世紀の新スポーツ「ドローンレース」の普及・発展に貢献するため JDRA(一般社団法人日本ドローンレース協会)に参画。

航空法はもちろん、ドローン飛行のための各種申請代行をはじめ、企業顧問としての 総合的なの安全対策、社内研修なども手がける。

Please reload

運営会社:ピーエイチプラス株式会社

ph+は、ドローンによる空撮をはじめ、ドローン機体の独自開発やドローンで撮影されたコンテンツの販売サービス「S.F.C.」を運営しています。

Please reload

ph+東京オフィス:
東京都千代田区霞が関1-4-1 日土地ビル2F SENQ霞が関

Stock Factry on Cloud

S.F.C.は、ドローで撮影した空撮映像専門のマーケットプレイスです。あなたが撮影したドローン映像を、誰もが購入できるWEBサービスです。

Please reload

© 2019 Ph plus Corp., All Rights Reserved.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now